家を購入するにしても、あるいは借りるにしても、必ず見せてもらうのは家の間取り図です。ただ、実際に間取り図を見せてもらっても、それをどう活用してもいいのかというのがわからないですよね。そこで、物件の間取り図を見せてもらった場合に、どのような点をチェックしたらいいのか、ご説明したいと思います。

まず、自分が住む家において優先するポイントがあると思います。それは自分にとって良い間取りというのは、その人の価値観があるからです。つまり、部屋の明るさが大事なのか、あるいは部屋の使い勝手なのか、広さなのかなど、様々な価値観があると思います。そこでその価値観を満足させるためにはどういう点をチェックすればいいのか、考えていきたいと思います。

部屋の日当たりについて

部屋の日当たりを重視する人は多いですよね。その場合は、部屋の窓が南の方向に設置されていると当然日当たりの良い間取りという事が出来ます。それは直射日光が南に窓等があると直接光を取り込むことが出来るからです。ただ、直射日光にこだわらなければ、窓があれば間接的に光は入ってきます。したがって、物件確認などで部屋を内見した場合には、出来れば晴れた日と曇った日にそれぞれ窓からの光の状態がどうなっているのかチェックしてみることをおすすめします。また、日本では南向きの部屋が人気がありますが、欧米の場合ですと南側の部屋は日光でカーテンや家具など変色してしまうために、不経済な部屋として人気がありません。

風抜けについて

家においては風抜けはとても重要です。風を上手に取り込むと部屋の空気の入れ替えなどが出来るため、快適に生活をすることが出来ます。なお、最近の一戸建て住宅などでは、高気密住宅とか高断熱住宅などが手がけられているため、窓を開けなくても快適に暮らすことが出来るようになりましたが、それでも自然の風抜けが出来れば更に快適な生活をすることが出来ます。

では、風抜けのいい家というのはどういう間取りなのかというと、風が入ってくる窓があり、その風が出ていく窓があるような間取りになっているのかどうかチェックする必要があるのですが、その場合窓が近すぎると、空気がよどんでしまうという弊害が出てきます。チェックポイントとしては、東に窓があれば、その対角線上の西方向に窓があるのか、あるいは南に窓があれば、その対角線上の北に窓があるかどうかということをチェックしてみてください。

部屋の使い勝手について

部屋は使いにくいと住んでいる人のストレスが溜まってしまってしまいます。そうならないようにするためには、部屋の使い勝手がどうなっているのかということを間取りでチェックすることが出来ます。

その場合考えておく必要があるが、動線です。関連している部屋内の施設が使いやすい状況にあるのかどうかという点をチェックしたいところです。具体的には
・キッチン内のシンクとコンロ、冷蔵庫は近い場所に設置できるかどうか
・トイレと洗面脱衣室は近くにあるか
・客間とトイレは近いか
・廊下が複雑に取り込まれていないか
・家族が顔を合わせる工夫が施されているか
など、生活動線が組み込まれて、効率的に利用できるかどうかという点をチェックしてみましょう。

収納スペース

間取りで注意をしたいところは収納スペースです。通常収納スペースの収納量は床面積の10%と言われていますが、10%あればいいというわけではなく、家は住み続ければものは増えていきますので、それがしっかり収納できるかどうかという点がポイントです。ここで大事なことはそれぞれの部屋にどういうものを置いたり収納するのかということをシミュレーションしてみましょう。