1R

1Rは部屋とキッチンが仕切られていないものです。

チェックポイント

見落としやすいのが、収納の存在と、洗濯機の置き場です。1Rの間取図に、冷蔵庫の置き場と洗濯機の場所を書いてあるのは、ほとんど無いでしょう。洗濯機置き場、冷蔵庫置き場が間取図に、明示してある場合は、その場所に置けると理解できます。逆に、書いていない場合は、置くスペースが、狭いと理解しましょう。洗濯機の置き場に苦労することになるでしょう。冷蔵庫についても、居間にはみ出してくると予想されます。CLはクロ-ゼットです。

1K

1Kは部屋とキッチンが仕切られているものです。

チェックポイント

まずお風呂。お風呂の間取り図に四角が付いていますが、この記号のお風呂は『 バランス釜 』です。次にトイレ、この丸に線が描いてある記号は『 和式トイレ 』です。押入は1間(1畳分)です。間取り図では、長方形なら1間分、正方形なら半間分(0.5畳)と大まかに判断します。洗濯機置き場は玄関を出て廊下。和室の横に、タテに線が何本も入っているのは、これは『 板の間 』の表示です。
広さは合計して7帖程度と予想。

1DK

1DKは部屋とDK(ダイニングキッチン)の間取りです。広めの1DK。DKとは別にお風呂とトイレのスペースが取ってあるからです。

チェックポイント

PSは、『パイプスペース』で、配管設備が詰まっています。単身用の物件では、ほとんど脱衣所は付いていません。収納が半間分しかありませんので、荷物の多い方は何か収納するものを用意しないと厳しいです。広さだけでなく、収納の大きさにも注意しましょう。